今注目の電子タバコ!おすすめの通販サイト

ホーム > 電子タバコ情報 > 電子タバコはタールなどの有害物質がない

電子タバコはタールなどの有害物質がない

一般的なタバコは、先端に火をつけて燃やしたときに出る煙を吸い込みます。
葉巻などになると直接吸い込むことになるのでタールと呼ばれる有害物質を体内に取り込みやすいです。
最近のタバコはタールを除去する仕組みを付けていますが、完全に除去できるわけではありません。
タバコの場合、吸う人に有害なだけでなく、周りにいる人にも影響を与えます。
タバコから出る煙、吸っている人が吐き出す息なども有害とされます。
遠くで吸っていても、風向きが悪ければその人のたばこの害を受けることもあります。
電子タバコも煙がどんどん出てきます。
吸っている人が吐き出した息にも煙です。
煙のように見えますが、実際には煙ではありません。
リキッドと呼ばれる液体を気化した水蒸気になります。
ですからタールなどの有害物質は含まれていません。
タバコほどの害はないとされています。



賃貸物件で電子タバコを吸うと黒くなるか

タバコを吸う人が賃貸物件を利用するとき、天井や壁が黒っぽくなるのを気にすることがあります。
やにが付くために黒っぽくなります。
多少であれば原状回復義務はないとされていますが、物件によっては請求されることもあるでしょう。
タバコの煙の中には脂分が含まれていて、それが大量に長く蓄積すると部屋の色を変えてしまいます。
では、電子タバコの場合はどうかです。
リキッドと呼ばれる液体を気化して利用します。
リキッド自体には色がついているものもあります。
これが付くかどうかです。
リキッドは脂ではなく水分になります。
そのため天井や壁にも単に水滴がつくだけです。
全く色がつかないとは言えませんが、タバコのように黒っぽくつくことはありません。
やにだととるのが大変ですが、それほど大変な汚れが付くことはないでしょう。
ほぼ気にせずに生活できます。



日本でニコチン入りの電子タバコを利用する方法

タバコの中にはニコチンが入っています。
禁煙したい人がいるようですが、ニコチンを急に摂取しなくなるとより欲しくなってやめられないようです。
病院などではニコチンガムやニコチンバッチなどを処方してもらうことができる場合があります。
海外にはニコチン入りの電子タバコがあります。
これを利用して本当のタバコの方の禁煙に成功した人も多いとされています。
日本でもニコチン入りのものを利用できるかです。
日本では規制がかかっているため、ニコチン入りのものを購入することが出来ません。
では日本ではニコチン入りのものを利用できないかですが、全くできないわけではありません。
海外から輸入をすることで可能です。
ただ、いくらでも輸入できるわけではありません。
いくらでも自由に利用できるわけではないですが、多少は楽しむことができます。
興味があるなら挑戦してみましょう。